MGM フィリピン・セブ 英語留学 | Q&A
1098
page-template-default,page,page-id-1098,ajax_updown_fade,page_not_loaded,

Q&A

 

 Q, 1カ月のお小遣いはいくら位?

 A, 平均15,000円!

IMG_2067宿泊費と食費、学費を含んだ金額をお支払済みなので、生活費はあまりかかりません。

お酒を飲む方、外食が好きな方、休日の過ごし方で変わってくるので、一概には言えませんが、平均すると15,000円位でしょうか?

お小遣いは多めに持っていき、少しずつ両替することをおススメします。

 

 

●タクシー(初乗り) 約100円 ●アイランドホッピング 約5,000円 ●ミネラルウォーター 約40円

●シャンプー/ボディーソープ 約200円 ●ビール 約150円 ●タバコ 約200円 ●ビーチサンダル 約200円

 

 Q, フィリピンのコンセントは日本と同じ?

 A, コンセントの形は同じですが、電圧が違います!

 

IMG_2005フィリピンの電圧は220Vで、コンセントは写真のようになっております。

日本のコンセントの形と同じなので、普通に差し込むことができます。

しかし、日本の電化製品は日本の電圧100Vで作られておりますので、そのまま差し込むと電圧の違いで壊れてしまいます。

日本の電化製品を使いたい方は、電圧を変換する”変圧器”が必要です。

しかし、携帯電話・パソコン・デジカメなどの充電器は世界中で使えるよう変圧器を兼ねているものがほとんどです。一度ACアダプターの表示をご確認下さい。”100V-240V”と記してあれば大丈夫です。

ちなみに、コンセントは英語で”socket”と言います。

 

 Q, フィリピン気候は?

 A, 雨期と乾期に分かれます!

 

DSCF0372フィリピンは熱帯性気候のため、年間を通して日本の夏のような気候です。

年平均気温は26〜27℃。6〜11月が雨期、12〜5月が乾期と分かれていますが、地域によって多少異なります。

雨期は毎日雨が降り続くのではなく、一時的なスコールがある程度です。しかし、その雨の激しさは想像を絶します。

乾期は雨が少なく、3月〜5月は最も暑い時期となります。それに対し、12月〜2月は気温が下がり比較的過ごしやすくなります。

基本的に夏の服装で大丈夫ですが、飛行機・バス・ホテル・デパート内などは冷房が強くきいていることがあり、雨期は少し肌寒く感じることがあるので、羽織るものを持っていくことをオススメします。 日差しが強いので、サングラス・帽子・日焼け止めなども必需品です。

 

 Q, フィリピンって何処にあるの?

 A, 日本の左下にあります!

 

3510768フィリピン共和国、通称フィリピンは太平洋に浮かぶ7000もの島々からなる国です。

東南アジアに位置し、日本からは飛行機で4〜5時間、時差は1時間となっております。

首都はマニラ。 母国語はタガログ語ですが、公用語はタガログ語と英語です。

大自然がまだまだたくさん残っており、人々は陽気でフレンドリー。マリンスポーツやエステを楽しめるリゾートアイランドです。